HOME > 病気を知る > 遺伝

病気を知る
HPPとは 原因 分類 遺伝
まだ3歳なのに乳歯が抜けた!?

遺伝

HPPは遺伝するの?
HPPは、変化したALPL遺伝子が親から子に伝わることで発症する遺伝性の病気です。
遺伝性の病気ってなに?
変化した遺伝子が原因で起こる病気のことです。
HPPの原因となる変化したALPL遺伝子は、親から子へと伝わります。

親から子へ、体の特徴など伝わることを「遺伝」といい、その特徴を決めるのが「遺伝子」です。
私たちは、ALPL遺伝子を2本持っていますが、このうち、1本はお父さんから、もう1本はお母さんから、生まれるときに受け取ったものです。
お父さんとお母さんの両方、または一方が変化したALPL遺伝子を持っている場合、変化したALPL遺伝子は親から子へと伝わっていきます。

HPPはどうやって遺伝するの?
HPPの遺伝の伝わり方は、「常染色体劣性遺伝」と
「常染色体優性遺伝」の2種類あります。

変化のあるALPL遺伝子の伝わり方は2種類あります。
2本のALPL遺伝子のうち2本とも変化があってHPPを発症した場合を「常染色体劣性遺伝じょうせんしょくたいれっせいいでん」、2本のうち1本に変化があってHPPを発症した場合を「常染色体優性遺伝じょうせんしょくたいゆうせいいでん」といいます。
HPPは、多くの場合、常染色体劣性遺伝によって伝わります。

HPPにおいて、遺伝の伝わり方と症状の関係はまだよくわかっていません。
同じ伝わり方であっても、HPPの症状や症状の強さは人によって異なります。

遺伝子の変化はどうしたらわかるの?
遺伝子検査によって知ることができます。

ALPL遺伝子の変化は、遺伝子検査によって知ることができます。
HPPでは、症状や血液検査によりHPPが疑われる場合には、遺伝子検査を行うことがあります。

前のページへ 次のページへ

©Copyright 1998-2019 Alexion Pharmaceuticals, Inc. All rights reserved. ALXN-00002553 ALXN-00002554