HOME > 病気を知る > HPPとは

病気を知る
HPPとは 原因 分類 遺伝
まだ3歳なのに乳歯が抜けた!?

HPPとは

HエイチPピーPピーHypophosphatasia:
低ホスファターゼ症)ってどんな病気?
HPPは、強く健康な骨を作るために必要な「アルカリホスファターゼ(AエーLエルPピー」というこうの働きが悪くなったり、働かなくなったりするために起こる病気です。
ALPの働きが悪くなったり、
働かなくなったりするとどうなるの?
カルシウムが骨にたまることができず、
強く健康な骨を作ることができなくなってしまいます。

ALPの働きが正常な人では、骨の中にある「無機むきピロリン酸」という物質が、ALPによって「リン酸」に分解されます。
分解されたリン酸が「カルシウム」と結合することで、「ハイドロキシアパタイト」と呼ばれる固い結晶ができて骨や歯にたまり、強く健康な骨が作られます(これを「骨のせっかい」といいます)。

HPP患者さんでは、ALPの働きが悪くなったり、働かなくなったりするため、無機ピロリン酸が分解されず、リン酸が作られません。
そのため、カルシウムがリン酸と結合することができず、強く健康な骨を作ることができなくなってしまいます。

HPPの原因についてもっと知りたい
HPPではどんな症状がでるの?
骨や歯の症状が主なものですが、
そのほかにも全身にさまざまな症状がでることがあります。
■ HPPの症状がでる可能性のある部位

HPPでは、ALPの働きが悪くなったり、働かなくなったりしてしまうことで、体のあちこちに無機ピロリン酸やカルシウムがたまってしまいます。
そのため、骨や歯への影響だけでなく、全身のさまざまな場所に、さまざまな症状がでることがあります。
症状の種類や、症状がでる年齢は、一人ひとり違います。

HPPの患者さんはどのくらいいるの?
日本では100~200人程度の患者さんがいるのではないか
といわれています。

HPPは非常にまれな病気で、10万人に1人程度の割合で生まれ、日本では100~200人程度の患者さんがいるのではないかといわれていますが、はっきりとしたことはわかっていません1)

HPPって、いつ発症するの?
おなかの中の赤ちゃんから成人まで、
どの年齢でも発症する可能性があります。

HPPは、どの年齢でも、性別に関係なく発症する可能性があります。
お母さんのおなかの中にいるときから症状がでる人もいれば、子どものときにでる人や、大人になってからでる人など、さまざまです。

HPPを発症したらどうなるの?
長い年月をかけて症状が悪くなることがあります。

HPPは進行性の病気で、長い年月をかけて症状が悪くなることがあります。
そのため、できるだけ早く医療機関を受診し、治療を始めることが大切です。

HPPの治療法についてもっと知りたい
次のページへ

©Copyright 1998-2019 Alexion Pharmaceuticals, Inc. All rights reserved. ALXN-00002553 ALXN-00002554