低ホスファターゼ症(HPP)って何?

低ホスファターゼ症(HPP)は、
進行性の病気で生涯にわたり影響が及ぶことがあります。

どのような人がHPPになりますか?

HPPは非常に稀な病気ですが、すべての年齢で性別を問わず発症する可能性があります。子どものときにHPPと診断される人もいれば、大人になってからHPPと診断されることもあります。

HPPでは・・・


  • 進行性の病気で、長い年月をかけて症状が悪化することがあります
  • すべての年齢で新たな症状が現れることがあります
  • 骨や筋肉、関節、歯、肺、脳、腎臓において徴候や症状を経験する可能性があります
  • 他の疾患に診断されることがあります
  • 骨だけではなく、全身に障害が及ぶ遺伝性の病気です