HOME > 治療法を知る > 治療方法

治療方法

治療方法はありますか?
HPPの治療には、「酵素補充療法」と「対症療法」の2種類あります。
酵素補充療法と対症療法は、あわせて行うこともあります。
酵素補充療法ってなに?
働きが悪くなったり、働かなくなったりしているALPを注射で
おぎなう治療法です。

酵素補充療法は、HPPの原因となっている、働きが悪くなったり、働かなくなったりしているALPを注射でおぎなう治療法です。
症状の改善や病気の進行をおさえることが期待できます。
医療従事者から十分なトレーニングを受ければ、自宅での注射が可能です。

酵素補充療法についてくわしく知りたい!

HPPでは、ALPの働きが悪くなったり、働かなくなったりすることで、無機ピロリン酸からリン酸を作ることができず、カルシウムがリン酸とくっつくことができないために、強く健康な骨を作ることができなくなっています。
酵素補充療法でALPがおぎなわれると、無機ピロリン酸からリン酸が作られ、カルシウムとリン酸がくっつくことができるようになるため、強く健康な骨を作り、保ちつづけることができるようになります。

酵素補充療法では、体重によってお薬の量を決めます。
注射の回数は、週3回もしくは週6回で、自宅での注射ができます。

酵素補充療法の副作用は?
注射したところに赤みや痛み、腫れなどが
あらわれることがあります。

酵素補充療法の副作用には、「投与後に特に注意が必要なもの」と「その他の注意が必要なもの」があります。
一番多いのは、注射部位の反応として、注射したところが赤くなる、痛い、腫れる、出血する、くぼむ、盛り上がる、熱くなる、などの症状です。

投与後に特に注意が必要なもの
①注射部位の反応 赤み、変色
痛み、かゆみ、腫れ
出血、内出血
しこり
くぼみ
直径1cm以下の皮膚の盛り上がり(発疹)
熱い など
②投与時の反応 発熱
寒気(ゾクゾクしたり、ガタガタふるえる)
怒りっぽくなる
吐き気
頭痛 など
③低カルシウム血症 けいれん
気を失う
めまい
胸の痛み
むかむかする
胸がどきどきする(脈がはやい)
手足のふるえ
筋肉の脱力感
しびれ
場所、時間、名前がわからない など
その他の注意が必要なもの
①頭蓋骨縫合早期癒合症 頭部の変形
早朝やあお向けになると頭痛がひどくなる
吐き気
ものが二重に見える など
②目の異所性石灰化 目の異物感
充血
涙が流れる
目やに など
③アナフィラキシーショック 投与開始後5~30分程度(ときに数時間後)にみられる下記の症状
じんましん、かゆみ、皮膚が赤くなる(皮膚表面が赤く盛り上がり、圧迫すると消える)
目や唇などのかゆみ、痛み
息苦しい、ぜいぜいする
めまい、胸がどきどきする(脈がはやい) など

これらの症状は、お薬による副作用のすべてではありませんが、これらの症状がでたり、異常を感じたら、すぐに専門医に相談してください。

対症療法ってなに?
病気の原因に対してではなく、
症状をやわらげるために行う治療方法です。

対症療法は、日々の生活を快適に送るため、HPPによって起きている骨折やそのほかの症状をおさえたり、やわらげたりする治療方法です。

部位 症状 対症療法の例
骨折 手術やギプスなどによる固定
骨の痛み 痛み止めの投与
呼吸器 自分で十分な呼吸ができない場合 人工呼吸器の使用
腎臓 高カルシウム血症
高カルシウム尿症
低カルシウムミルクの投与
頭部、脳 けいれん発作 抗けいれん剤(ビタミンB6)の投与
頭蓋骨縫合早期癒合症 手術
歯周病 定期的な歯磨きの指導、歯周病の治療
乳歯の早期脱落 小児用入れ歯の装着
筋肉、関節 筋肉や関節の痛み 痛み止めの投与
前のページへ 次のページへ

This site is intended for Japan audiences only. Ⓒ2020 Alexion Pharma